閉じる
  1. ファスト・ファッションと大人コーデ
  2. 綺麗な人は何を着ても似合うはホント?
  3. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人…
  4. 雑誌のファストファッションブランドが必ず見つかる/スタイライフ
  5. 人とは違う/DIESEL
  6. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスな…
  7. 私のスタイリストはショップ店員!
  8. 世界一可愛いハイヒール!
  9. 自分スタイルを確立するmyショップ
閉じる
閉じる
  1. 私のスタイリストはショップ店員!
  2. トレンチコートベルトの結び方/10パターン(バックフロント結び)
  3. 似合う服の落とし穴!
  4. NY発のオトナブランド「theory/セオリー」
  5. スリーネックコーディネート
  6. トレンチコートベルトの結び方/10パターン(ポケットイン)
  7. FRAY I.DにPRADAヒールでコーディネート
  8. UGGムートン&Burberryコーディネート♪
  9. UGGブーツの撥水性
  10. 雑誌のファストファッションブランドが必ず見つかる/スタイライフ
閉じる

UGG−GIRL

FOREVER 21 Japan

60年代ファッション復活の予感

流行とは時代を回帰するもので、私の母の時代に流行していたファッションが私の世代で再度流行しているなんてことは珍しい話ではないですね。

パンツで言えばパンタノン→ブーツカット、ベルボトム。パンクファッション→ゴスロリやロリータファッション。

ブーツのドクターマーチンは、パンクファッションで20年前に大流行しましたが、今ではヒール型のマーチンなど女性のファッションとして新しいスタイルを形成しています。

Baidu IME_2014-9-10_7-24-28

ファッションでいえば「進化」なのでしょうか?その時代にあった形状やカラーで生まれ変わったり、映画の影響を受けたりと様々な形で流行ファッションは巡ってきます。

今年の秋冬、こういった流行の回帰が、「60年代ファッション復活」を予感させています。

秋冬ものファッションショー

 3月に開かれたルイ・ヴィトンの秋物ファッションショーの直前、会場は40層のカシミアのように分厚い期待感に包まれていた。それは業界でも最も革新的で影響力を持つデザイナーの1人で、バレンシアガのクリエイティブディレクターを辞めて以来、1年以上もランウェイから遠ざかっていたニコラ・ジェスキエール氏のデビューコレクションだった。金属のシャッターが下りたガラスの壁がある、穏やかでミニマルでグレー色のショーの舞台にはほぼ何のヒントもなかった。

ところが、シャッターがスムースに開くとパリの朝の陽光が差し込み、最初のモデルが登場すると、その基調はすぐに整った。集まったファッション関係者たちの心の声が聞こえてきそうだった。なるほど、60年代か

ルイヴィトン、GUCCI、サンローランなどのビックメゾンが、この秋冬に60’sを取り入れたディティールでのファッションショーを行っている事から 、各ファッション雑誌が60’sを取り入れたコーディネートを紹介することは想像できます。

 最近、ファッション界には60年代の嵐が吹き荒れている。ヴァレンティノが過去数シーズンのショーで発表してきたウエストが絞られたミニドレスやハイネックのガウンがその前兆だった。この秋、グッチのデザイナー、フリーダ・ジャンニーニ氏はイタリア的視点の豪華さとリフレッシュされたミレニアムカラーのペイレッテを取り入れた英国のドーリーバードルックを練り直している。たとえば、ミントグリーンのアンゴラのマーティンゲールコート(ダブル)にスカイブルーの先細レザーパンツとパイソン柄のチェルシーブーツを合わせる。

ウォールストリートジャーナルより

60年代ファッションとは

60年代のファッションといえば「ヒッピー」「モッズ」など。なかでもミニスカートは60年代ファッションを代表する大流行ファッションのひとつです。

60年代モッズ系ファッション

あとがき
個人的にはモード系モッズファッションが好きでGUCCIやサンローランのアイテムには注目です。ワンピースの上に大きめの襟のコートを羽織るなんて素敵でワクワクしますね♪

GUCCI2014-2015ミラノモーダドンナ秋冬2014 2015

おすすめ記事

  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスなのか?
  2. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人への想いが込められていた
  3. 私のスタイリストはショップ店員!
  4. 世界一可愛いハイヒール!
  5. ファスト・ファッションと大人コーデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. andGIRL1月号に掲載のVANSスリッポンをコーディネートしてみました
  2. 海外の有機認証を受けた本当のオーガニックコスメブランド厳選4ブランド
  3. 自分スタイルを確立するmyショップ

おすすめ記事

  1. UGGバイカースタイル
  2. emuAustralia/DALEY LO(ダレイロー) チェスナッツ
  3. やっぱり「UGGAustralia」が欲しい・・・
ページ上部へ戻る