閉じる
  1. 私のスタイリストはショップ店員!
  2. 自分スタイルを確立するmyショップ
  3. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人…
  4. 綺麗な人は何を着ても似合うはホント?
  5. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスな…
  6. 雑誌のファストファッションブランドが必ず見つかる/スタイライフ
  7. ファスト・ファッションと大人コーデ
  8. 世界一可愛いハイヒール!
  9. 人とは違う/DIESEL
閉じる
閉じる
  1. Mira Owen 8つのワントーンコーデは春先大人コーデ!
  2. シャツを着ただけで美人になれる鉄板着こなし術
  3. ストールの巻き方/シンプルノット
  4. 秋のトレンド「ブラックファッション」
  5. Vera Bradley (ヴェラ・ブラッドリー)日本サイト正式リニュ…
  6. Alice and Oliviaのワンピ最強説♥
  7. FASHION’S NIGHT OUT/ファッション ナイト アウト
  8. ノンシリコンシャンプーなのに「きしまない」シャンプーは美容師も納得
  9. 秋冬の手首盛り
  10. 冬に活用したいミモレ丈スカート
閉じる

UGG−GIRL

FOREVER 21 Japan

親子でお揃いのUGGはなんだかカワイイ!

お子さんとお揃いでUGGを履いている親子をたまに見かけます。
素敵な親子で、すごくかわいいですね。
ファッションブランドとしてUGGの良いところは、これだけ有名で世界的ブランドになった今でもコストを抑え、親子でファッションを楽しめるブランドというところは本当に素敵なブランドです。
お子さんに合うUGGのサイズは選ぶとき少し難しいですね。お子さんの成長とUGGのサイズがアメリカサイズというところ。どの程度のサイズを選べば良いのでしょうか?
大人サイズでも同じ事ですが、アメリカサイズは日本のように0.5サイズがありません。詳しくはこちらの記事
成長の早いお子さんには大きめのサイズを選ぶと良いでしょう。もともと大雑把なアメリカ規格のサイズですので小さくて靴擦れや履き心地が悪くなってしまっては勿体無いですね。
UGGの場合多少大きくなってしまいますが、それだけ永く履きこなすことができ、オシャレな親子でいられます。
ママとお揃いのUGGなんて、すごく可愛くて素敵ですね!

おすすめ記事

  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスなのか?
  2. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人への想いが込められていた
  3. 私のスタイリストはショップ店員!
  4. 世界一可愛いハイヒール!
  5. ファスト・ファッションと大人コーデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. UGG×DOUBLE STANDARD CLOTHING coordinate
  2. 海外の有機認証を受けた本当のオーガニックコスメブランド厳選4ブランド
  3. 60年代ファッション復活の予感

おすすめ記事

  1. SATCセックスコラムニストのファッション
  2. やっぱり「UGGAustralia」が欲しい・・・
  3. 海外の有機認証を受けた本当のオーガニックコスメブランド厳選4ブランド
ページ上部へ戻る