閉じる
  1. 綺麗な人は何を着ても似合うはホント?
  2. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスな…
  3. ファスト・ファッションと大人コーデ
  4. 人とは違う/DIESEL
  5. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人…
  6. 雑誌のファストファッションブランドが必ず見つかる/スタイライフ
  7. 自分スタイルを確立するmyショップ
  8. 私のスタイリストはショップ店員!
  9. 世界一可愛いハイヒール!
閉じる
閉じる
  1. FRAY I.DにPRADAヒールでコーディネート
  2. 目的にあったアラサーコーディネート
  3. Mira Owen 8つのワントーンコーデは春先大人コーデ!
  4. マフラーの巻き方/ひと結びワンループ
  5. 結婚しても綺麗な奥様であるために!
  6. 表参道マグノリアベーカリーでキャリーを気取る
  7. マフラーの巻き方/ワンループ
  8. ローラさん着用UGG/アンスレー
  9. STEVE MADDENのヒールをコーディネート
  10. ファッションの街ニューヨークの真髄!
閉じる

UGG−GIRL

FOREVER 21 Japan

クラシカル&フェミニンデザイン「TOCCA」のセールが始まる

大人エレガントスタイルブランド「TOCCA」が最大84%OFFのセールがグラムールセールスで始まりました。
「TOCCA」というと、コスメやフレグランスアイテムを連想しがちですが、NYではファッションブランドとしても有名

beauty_index_main01
「TOCCA」とは「思わず触れてみたくなる」というイタリア語で英語では「TOUCH」を意味します。
その名のとおり触れたくなるフェミニンなデザインと今年流行りの「クラシカル」が融合したデザインはアジアンテイストとも南国風ともイメージできます。
クラシカルコーデでもフェミニンコーデも合わせやすい「TOCCA」で大人フェミニンスタイルを演出してみては如何でしょうか?

ニューヨーク発の”TOCCA”は、カリブ海に浮かぶ島・セントルシアでの出会いから生まれました。

1994年。カリブ海に浮かぶ島・セントルシアに、イタリア人の実業家で写真家でもあるエドアルド・マンテリが、友人たちと新年を祝うために訪れていました。
そこで行われたパーティで、一人で旅行に来ていたオランダ出身のマリーアン・オーディエンスと出会います。
彼女が持って来ていた自作の4着のリゾートドレスが、エドアルドや、その友人VOGUE編集者グロリア・バウムらの目に留まったのが始まりでした。
意気投合したマリーアンとエド、後にカナダ出身のゴードンをビジネスパートナーとして加え、ニューヨークのガーメント・ディストリクトにある400スクエアフィートほどの小さなアパートの1室で、自分たちのブランド“TOCCA”をスタートさせたのです。

時はスーパーモデル・ブーム。ヘレナ・クリステンセンやクリスティ・ターリントンなど、名だたるスーパーモデルがプライベートでもTOCCAのドレスを愛用し、瞬く間に人気に火がつきました。
マリーアンが毎シーズン発表するドレスは、アメリカのみならず日本の女性も虜にします。
地中海のブルーをイメージした「トッカ・ブルー」と呼ばれる印象的な色調は、ブランドのアイコンカラーとして、旅が大好きなマリーアンのクリエイションの原点でした。

1997年には、セントルシアを訪れる洗練された旅行者のために、ソリッド・パフュームやランドリー・デリケートといった新しい製品が生み出されます。独創的な女性らしい香りと美しいパッケージで、これらの商品は瞬く間に人気を集め、”TOCCA BEAUTY”の基盤を築きました。
今日ではフレグランス・キャンドルや、オードパルファムなども加わり、”TOCCA BEAUTY”は多くの国で女性たちに愛されています。

グラムール セールスユーザー登録(無料)はこちら

おすすめ記事

  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスなのか?
  2. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人への想いが込められていた
  3. 私のスタイリストはショップ店員!
  4. 世界一可愛いハイヒール!
  5. ファスト・ファッションと大人コーデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. Surface Pro 3をブログ更新用に購入!
  2. emuAustralia/DALEY LO(ダレイロー) チェスナッツ
  3. ニキビ跡への強いコンプレックスと憎しみですべてが上手くいかない女性へ

おすすめ記事

  1. andGIRL1月号に掲載のVANSスリッポンをコーディネートしてみました
  2. 60年代ファッション復活の予感
  3. UGGバイカースタイル
ページ上部へ戻る