閉じる
  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスな…
  2. 世界一可愛いハイヒール!
  3. 私のスタイリストはショップ店員!
  4. 自分スタイルを確立するmyショップ
  5. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人…
  6. 綺麗な人は何を着ても似合うはホント?
  7. 人とは違う/DIESEL
  8. 雑誌のファストファッションブランドが必ず見つかる/スタイライフ
  9. ファスト・ファッションと大人コーデ
閉じる
閉じる
  1. メンズハット厳選3ブランド
  2. VANILLA CoUTURE/2014白ワンピ
  3. emuシープスキンブーツの撥水力
  4. ストールの巻き方/ねじり巻き
  5. トレンチコートベルトの結び方/10パターン(片リボン結び)
  6. FRAY I.DにPRADAヒールでコーディネート
  7. FASHION’S NIGHT OUT/ファッション ナイト アウト
  8. 知らないと危険!選んではいけない3つのクレンジングの真実とは?
  9. 清潔感のある服装が良いと思っています
  10. 秋冬はキーアイテム/ラップスカートが来ている!
閉じる

UGG−GIRL

FOREVER 21 Japan

結婚しても綺麗な奥様であるために!

男性に聞くと、「結婚してから、化粧もしなくなり、ファッションも疎かになる妻に(´・ω・`)ガッカリ…」という意見。
女性の立場からすると、子供ができたり、家事などでそれどころではない!ふざけんな!と思ってしまいがち。
それでも女性としては結婚しても綺麗でいたいと思う願望は誰でもあります。

時間的、金銭的にも余裕があれば自分にかける時間とお金を有意義に使うことが出来るのですが…

おしゃれだった女性がお洒落じゃなくなる瞬(とき)

4001192148_236917d8dd_b

釣った魚に餌を与えないというのは、なにも男性のためだけの言葉ではありません。
結婚してしまって、好きな人と生涯歩むと決まってしまったら、自分に怠けてしまうのは女性も同じ。
「もうお洒落する気力もないわ」と、いう発言はもはや母でも妻でもなく「オバさん」の始まり。

綺麗にいる必要がないのね…と思ってしまうのは非常に危険。
子供のイベントの時はめいいっぱいお洒落するけど、旦那とちょっとお買い物にいくのに、化粧は適当に済ませ、着るものは、そこらにあるものを適当に合わせて。
結婚後に女性がお洒落じゃなくなる瞬間とは、これ以外にも沢山あります。

恋をしていれば良いのでは?

その相手が旦那さんであれば問題ないのですが、間違った方向に行ってしまっては結婚も台無しに。
オシャレじゃないな…と感じて危機感を覚えておくことってすごく重要です。

お金と時間の解決はおネエキャラにあった!?

 

なにそれ?おネエがどう関係してんの?
結婚前、お洒落がすごく好きでファッションセンスも日々研究している女性は、結婚してもオシャレ度が落ちません。
お昼の番組でおネエのファッションチェックという番組がありますね。
あそこに答えがありました。

「オブス~」と言われる女性に対して「モテ」に該当する女性の多くが「主婦」という事を知っていますか?
モテファッションをしている女性の多くが若い頃からファッションが好きで、ただ好きなのではなく、トレンドやコーディネートにも自分のこだわりを持っている女性が多いのです。
そして、そのファッションを維持するための努力がまたすごい

結婚してから、時間的、金銭的余裕はみんな平等になくなりますが、ファッションに割く時間とお金を自ら作り出す離れ業を駆使しています。
それは、株式運用であったり、FX、またはブログであったり様々です。

旦那さんのお給料に頼らず、ファッションやお化粧を楽しむ為に最大限の努力をしているということ。

お金と時間の余裕がないからオシャレが出来ないと言い訳をしない女性が多いという事なのですね。
そもそもオシャレとは「我慢との戦い」

本物のオシャレ好きとはそういったものかもしれません。ただ単にセレブ~で片付けてしまうのは、女性として非常にもったいないような気がします。セレブになれば良いんですね!

旦那もいつまでもカッコよく!

288ba150cf91b23f1e91d9272526e95c_s

奥様が綺麗な場合、旦那さんもカッコイイ人、センスが良い人が多いように思えます。
なにも美男美女というわけではなく、奥さんが綺麗だと旦那も油断出来ない!?という事なのでしょうか?

しかし、男性に聞いてみると「妻が綺麗なので自分も触発されて…」とか「妻が綺麗なのに恥をかかせられない」という意見が多くあります。
では、お金がかかっているのか?というと、そうではなく、普通のサラリーマンであり、来ている服も高いものではありません。
綺麗に着こなしているという事なのです。

妻のファッションセンスが磨かれる事により、ご主人も見よう見まねで、安いものを上手に着こなすようになっていくというのは面白い話です。
とっても素敵な御夫婦に見えてきます!

ファッションやオシャレから見る夫婦円満の秘訣という一つの形がもしかしたらあるのかもしれませんね!素敵な話です。

おすすめ記事

  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスなのか?
  2. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人への想いが込められていた
  3. 私のスタイリストはショップ店員!
  4. 世界一可愛いハイヒール!
  5. ファスト・ファッションと大人コーデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. 60年代ファッション復活の予感
  2. 会員制ショッピングサイト「グラムールセールス」
  3. フラットシューズに最適!かっこいい靴ひもの結び方!

おすすめ記事

  1. emuAustralia/DALEY LO(ダレイロー) チェスナッツ
  2. SATCセックスコラムニストのファッション
  3. 自分スタイルを確立するmyショップ
ページ上部へ戻る