閉じる
  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスな…
  2. 雑誌のファストファッションブランドが必ず見つかる/スタイライフ
  3. ファスト・ファッションと大人コーデ
  4. 綺麗な人は何を着ても似合うはホント?
  5. 自分スタイルを確立するmyショップ
  6. 私のスタイリストはショップ店員!
  7. 世界一可愛いハイヒール!
  8. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人…
  9. 人とは違う/DIESEL
閉じる
閉じる
  1. オシャレセレブは定番モノ活用が上手!
  2. 男性が「かわいい!」と思うボーダーワンピは子供っぽさと大人の融合!?
  3. エレガントなレディースコート/DURAS(デュラス)
  4. タイプ別ブランド水着の選び方10パターン/バンドゥービキニ
  5. Alice and Oliviaのワンピ最強説♥
  6. emuシープスキンブーツの撥水力
  7. Rirandture×DIESEL×HOLLISTER&STEVE M…
  8. オシャレブログのご紹介!
  9. NORMCORE!ノームコアコーデ!
  10. ひざ丈スカートでエレガントに
閉じる

UGG−GIRL

FOREVER 21 Japan

クレンジングで肌荒れしやすい人が試してみる価値あるクレンジング方法

毎日のスキンケアは言うまでもなく肌の汚れを落とす事から始まります。
少し前に流行ったW洗顔。クレンジングでメイクを落としてから洗顔料で洗う人も多いことでしょう。

毎日のスキンケアの中でもこのクレンジングは最も肌に負担をかけている事は承知の事実。
では肌に優しくもあり、しっかりメイクも落としてくれる方法はどのように行えば良いのでしょうか?

1.どうしても含む界面活性剤

そもそもクレンジングとはメイクアップという油の汚れを水などで乳化させて落としやすくする事が本来の役割です。
すなわち油分と乳化剤(界面活性剤)を合わせたものがクレンジングになります。

界面活性剤は肌に悪いイメージが広く知られていますが、上記の通りクレンジングの性質上どうしてもある程度の界面活性剤を含むことは仕方がないこと。
それゆえにクレンジングはお肌への負担が大きいという事なのですね!

1-1.界面活性剤の多いオイルクレンジング

オイルクレンジングはその名の通り油分が多いため、メイクに良く馴染みます。
メイクをサっと落とせるので便利ですが、その分界面活性剤も多めという事。
つまり肌への負担も大きいという事です。

1-2.ならばリキッドタイプやジェルタイプ!?

ならばリキッドタイプやジェルタイプのクレンジングはどうか?というと、メイクとの馴染みが悪くその分落ちも悪い。
それを補おうと界面活性剤を強めている事があります。

1-3.界面活性剤の大小や強弱を図る方法とは?

では、お肌に負担の大きい界面活性剤が強いのか弱いのか、多いのか少ないのか?
これらを調べる方法は?というと残念ながら化粧品成分分析表を見ただけでは判断出来ません。

これらを判断する方法は自分の肌で試すしかないのが現状。

試す方法はぬるま湯ですすいだ時にサッと流れるものほど界面活性剤が強いというのを知っておきましょう!

2.クリームタイプのクレンジングがマスト!

どうしても界面活性剤を含むのであれば、クリームタイプが総合的にみてバランスが良いと言われています。
また、油分を含んだ乳化ジェルもバランスが良いですね。

2-1.クリームタイプと乳化ジェルのポイント

  • クリームタイプ、乳化ジェルタイプどちらも洗い流すタイプの事
    拭き取りはそれ自体で肌を痛めてしまいます。
  • 乳化ジェルタイプは透明は禁物!乳白色のジェル

2-2.クリームタイプのメリット

クリームタイプの大きなメリットは、その粘度にあります。
適度な固さの粘度があるため、肌を擦らずに済むことでお肌への負担を軽減しています。
イメージしてみてください。オイルやリキッドタイプなどの液状タイプは指で摩擦が強くなります。

これに比べればクリームや乳化ジェルのようなある程度の粘度がある方が肌への負担は少なく済みます。

3.そもそもお肌に悪いクレンジングなら質の良いものを!

ここまで説明してきたとおり、クレンジングとはそもそもお肌への負担が大きいのです。
前項で書いたクリームタイプだからと言ってなんでも良いという訳ではありません。

3-1.安かろう悪かろうクレンジング

クレンジングの良し悪しなんてどうやって調べるか?といえば、簡単に安物は悪いという判断しかありません。
そもそもお肌へ負担がかかるクレンジングも安物でさらに悪いという事くらいしか見分けできません。
成分やお肌に合う合わないはそれからの話。

3-2.日本人の特権!米ぬか

もともと悪いものならば、せめて質の良いものを選ぶ自分なりの配慮する。これにつきます
(個人的に目安として2500円以上としています)
日本人の特権という程のものでもありませんが、米ぬかが美容素材として認知されている事は今ではかなり有名になりました。

米麹エキスという日本古来のお酒の発酵の過程で生まれる米糀には、ビタミンやミネラルがたっぷり。
日本人で良かったと、この時ばかりを本当に思います。

日本盛株式会社「米ぬか美人」
http://lp.nihonsakari.co.jp/

米ぬかエキス、米糀エキス、日本酒酵母エキス、コメ発酵液など、お米のチカラをギュッと詰め込んだ日本盛ならではの美容素材

4.シミ・シワの原因!ポイントメイクのリムーバー

アイシャドー、マスカラ、口紅etc…などのポイントメイクが落ちにくい!と嘆いて、ポイントリムーバーを使う人もいるのではないでしょうか?
その気持ち分かります。

4-1.シミ・シワになる洗浄力の強いリムーバー

落ちにくいポイントメイクをリムーバーを使うのは致し方ない事。
でも、これはもっとお肌を傷める原因になっています。
通常のクレンジングで落ないメイクをさらに洗浄力の強いリムーバーを使っているので当然といえば当然ですよね。
そこにコットンで擦りあげているのだからお肌は悲鳴を上げています。

皮膚の弱い瞼(まぶた)に毎日使っていたら炎症を起こし、年月と共にシワ・シミになる事は必然。

4-2.代用品「オリーブオイル」

ポイントリムーバーの変わりとなるのが「オリーブオイル」です。
今ではけっこう有名な「ポイントリムーバーにオリーブオイル」
マツキヨなどの薬局でも普通に売られている精製されたオリーブオイルの事。
昔は「局方品のオリーブオイル下さい!」と尋ねなくては理解してもらえなかったのですが、今では普通に「リムーバーに使うオリーブオイル」で通じます。

4-3オリーブオイルの使用方法

オリーブオイルをコットンなどに含ませ、まぶたに乗せてから30秒~1分くらいおいて滲んできたら擦らないように、まつ毛だけ拭います。
口紅にもオリーブオイルを塗っておきます

この後、最終的に全体のクレンジングすると良いですね。

価値あるクレンジング方法まとめ

  1. ポイントメイクをオリーブオイルでまずは落とす!
  2. クレンジングはクリームタイプor乳化ジェルタイプ
  3. 化粧品は安かろう悪かろうが多い

選んではいけないクレンジングに続く…

おすすめ記事

  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスなのか?
  2. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人への想いが込められていた
  3. 私のスタイリストはショップ店員!
  4. 世界一可愛いハイヒール!
  5. ファスト・ファッションと大人コーデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. やっぱり「UGGAustralia」が欲しい・・・
  2. 自分スタイルを確立するmyショップ
  3. Surface Pro 3をブログ更新用に購入!

おすすめ記事

  1. SATCセックスコラムニストのファッション
  2. 自分スタイルを確立するmyショップ
  3. フラットシューズに最適!かっこいい靴ひもの結び方!
ページ上部へ戻る