閉じる
  1. 私のスタイリストはショップ店員!
  2. 人とは違う/DIESEL
  3. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人…
  4. 綺麗な人は何を着ても似合うはホント?
  5. 自分スタイルを確立するmyショップ
  6. 世界一可愛いハイヒール!
  7. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスな…
  8. ファスト・ファッションと大人コーデ
  9. 雑誌のファストファッションブランドが必ず見つかる/スタイライフ
閉じる
閉じる
  1. UGGAustralia
  2. オシャレなストールの巻き方でおしゃれになる!
  3. MICHEL KLEIN/ボーダーワンピ
  4. UGGブーツの撥水性
  5. 自由にカスタムできるUGG/UGG BY YOUスタート!
  6. 三ツ星レストランに何を着ていく?
  7. UGGオンラインでカスタム♪動画でご覧下さい!
  8. emuAustralia/DALEY LO(ダレイロー) チェスナッツ…
  9. UGGAustralia/秋のトレンドカラー
  10. オシャレUGG!2014秋冬ブーティーは UGGスカーレット
閉じる

UGG−GIRL

FOREVER 21 Japan

知らないと危険!選んではいけない3つのクレンジングの真実とは?

スキンケアの一環では落ちやすいマスカラ、落ちやすい化粧品を選ぶ事も一つの選択肢です。
とは言うもののクレンジングは毎日欠かせないもの。
ですから、どうしてもクレンジングによるお肌へのダメージは免れません。
クレンジングがなぜお肌を痛めるのか?はこちらの「クレンジングで肌荒れしやすい人が試してみる価値あるクレンジング方法」で説明した通り。
クレンジングの本質は、その行為がお肌にダメージを与えている事をまずは知っておかなくてはなりません。

クレンジングがお肌にダメージを与えているのであれば、最低限出来る事。それは質のよいクレンジングをする事と品質の良いものを選ぶこと。
ここでクレンジングを選ぶときに選択肢から除外する「選んではいけない」ものを解説を付けて説明しています。

クレンジング選びの参考になれば幸いです。

1.イメージとは違う!ミルクタイプのクレンジング

ミルクタイプと聞いただけでお肌にやさしい…とイメージしがちです。
「敏感肌にはミルククレンジング」という都市伝説もあるくらいです。

結論から言うとミルクタイプのクレンジングは「牛乳」ではありません。
ミルク=牛乳と連想しがちですが、化粧品でいう「ミルクタイプ」は油と水を界面活性剤で乳化させた「乳化クレンジング」の事を言います。

ミルクタイプは水分が多いため油分の多いメイクとは馴染みが悪く、粘度が低いためにお肌との摩擦は避けられません。
響きのよいミルクタイプに踊らされて間違ったイメージをしがちですが、それはミルクがお腹にやさしいとか母性本能を連想させるから。
企業の上手な戦略なのです。

ミルクタイプを使うメリットはほとんど無いというのが現実。
そもそも牛乳が科学的にお肌に優しいという検証など、どこにもありません。

2.安くて手軽なオイルクレンジングはコストを削りすぎた結果である

クリームタイプのクレンジングが影を潜める結果となったオイルクレンジング。
安くて手軽なオイルクレンジングが台頭してきた結果、一時はクリームタイプの危機的状況でした。

メーカーが一斉にオイルクレンジングを発売した最大の理由。それは生産コストの安さにあります。

2-1.製造工程が一つ少ないオイルクレンジング

オイルクレンジングがなぜ安くいのか?そして化粧品メーカーが一斉に進出してきたのか?
その最大の理由は製造工程がひとつ少なく生産コストがかなり抑えられるためです。

  • 乳化させる工程が不必要
  • 乳化させていないのでポンプ式の安価なボトルが採用出来る
  • チューブに充填する必要がない

これらの事はメーカー側都合でありオイルクレンジングの本当のブームとはメーカー側の作り上げたものでした。
当然、安価なオイルクレンジングが次々と登場しドラッグストアに山積み状態。
このブームは美容業界や皮膚科医の猛反発を受けすぐに収束したのですが、結局コストを削りすぎてユーザーの事を考えていないという事だったのですね。

2-2.天然高級オイル使用!?

皮膚科医の先生は言います。高級の天然素材の良し悪しは率直に関係ないと。
その理由もクレンジング自体お肌に負担が多いという事から来ています。
どんなに良質なオイルでも結局刺激の強いクレンジングでお肌を保護する事は不可能という事。
スキンケアの本質はクレンジングではありません。
クレンジングでのスキンケアは良質なクリームタイプで擦りすずに摩擦を抑える他無いのですね。

シートクレンジング使うべからず…!?

簡単お手軽なシートクレンジングという商品。
メイクを包んで浮かせて取る?この原理を知れば知るほどお肌を犠牲にしていると認識出来ます。

シートクレンジングのようなタイプは界面活性剤を多く含ませ洗浄力を強化させたもの。
油分をほとんど含まないため界面活性剤でその分を補っています。

つまりは界面活性剤オンリーで作られているといっても過言ではないのです。

またシートを使って最後に拭きあげたりしたら完全にアウト。
お肌に微細な傷を残してしまい、そこから湿疹やニキビなどが出来やすくなります。

最終的にはそれが原因でシミ、シワが出来てきます。

皮膚科医曰く、シートクレンジングするくらいならメイクしたまま寝なさい!と言わせる程。

選んではいけないクレンジングまとめ

クレンジングが億劫なときはぬるま湯で洗うだけでもOK。
また間違ったクレンジングを使うくらいならおしぼりで軽く拭くくらいの方がマシとも言います。
(もちろんたまにまで許される範囲ですが…)

ミルクタイプ、オイルタイプ、シートタイプそれぞれのクレンジングのデメリットを知っておけば自ずと選択肢は絞られてきますね!

クレンジングはお肌への負担が大きいので出来る限り負担を軽減させるクレンジングを選ぶ事が最も大切なのです。
それらを考慮すると「クリームタイプ最強」という選択肢になりますね。

おすすめ記事

  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスなのか?
  2. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人への想いが込められていた
  3. 私のスタイリストはショップ店員!
  4. 世界一可愛いハイヒール!
  5. ファスト・ファッションと大人コーデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. やっぱり「UGGAustralia」が欲しい・・・
  2. emuAustralia/DALEY LO(ダレイロー) チェスナッツ
  3. フラットシューズに最適!かっこいい靴ひもの結び方!

おすすめ記事

  1. emuAustralia/DALEY LO(ダレイロー) チェスナッツ
  2. ワニのラコステとは
  3. Surface Pro 3をブログ更新用に購入!
ページ上部へ戻る