閉じる
  1. 世界一可愛いハイヒール!
  2. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスな…
  3. 綺麗な人は何を着ても似合うはホント?
  4. 私のスタイリストはショップ店員!
  5. 人とは違う/DIESEL
  6. ファスト・ファッションと大人コーデ
  7. 雑誌のファストファッションブランドが必ず見つかる/スタイライフ
  8. 自分スタイルを確立するmyショップ
  9. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人…
閉じる
閉じる
  1. UGGAustralia
  2. Alice and Oliviaのワンピ最強説♥
  3. UGGダブルユーロゴ シープスキン イヤマフ届きました(*^_^*)
  4. ダブスタ秋のスタイルブック!
  5. 女性らしいマフラーの巻き方/リボンノット
  6. ニキビ跡への強いコンプレックスと憎しみですべてが上手くいかない女性へ
  7. UGGバイカースタイル
  8. コンサバファッションとは?
  9. UGGのフラットシューズはロゴで差がつく!
  10. トレンチコートベルトの結び方/10パターン(片リボン結び)
閉じる

UGG−GIRL

FOREVER 21 Japan

百貨店のフロアによってネイル禁止やネイルカラー制限あるってどゆこと?

結局のところアパレルやコスメなどのショップ店員はネイルが自由なんです。
元はさておき…やっぱりショップ店員は小奇麗であるべきですよね!

ネイルくらい自由にさせて欲しいものです。
(スカルプまではしないので)

今回、とある百貨店のコスメ販売をしている友人とネイルの話になったのですが仕事上あまり派手なカラーのネイルが出来なくて残念がっていました。
コスメなのにネイル禁止なの?と疑問に感じたのですが、どうやらマイナーなブランドでコスメフロアとは別の場所に店舗がある為、フロアマネージャーからネイルに関してカラー制限を設けられているとの事。
そのフロアはコスメの他に介護商品から寝具など様々で客層がまちまち

そういった理由から、そのフロアのみ女性店員のネイルに関してカラー制限を設けられているとか。

私の経験上、コスメを購入する時は結構雑談になったりします。
その中で「ネイル可愛いですね!ネイルサロンはどこですか?」といった会話もあります。

アパレルショップもしかりです。

デパートや百貨店は多種多様のお客さんが訪れる場所ですが、店舗に来る人はその商品を求めてくるわけですから、このネイルに関する制限…少々微妙です。

ただ理由がきちんとある、最近のお客様はどのような事でクレームになるかわからない…
そういった時代だから仕方ない事なんですね。

とはいえコスメ店員さんやアパレル店員はネイルが綺麗であるべきだと信じてなりません!

おすすめ記事

  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスなのか?
  2. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人への想いが込められていた
  3. 私のスタイリストはショップ店員!
  4. 世界一可愛いハイヒール!
  5. ファスト・ファッションと大人コーデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. SATCセックスコラムニストのファッション
  2. 会員制ショッピングサイト「グラムールセールス」
  3. フラットシューズに最適!かっこいい靴ひもの結び方!

おすすめ記事

  1. 60年代ファッション復活の予感
  2. UGG×DOUBLE STANDARD CLOTHING coordinate
  3. やっぱり「UGGAustralia」が欲しい・・・
ページ上部へ戻る