閉じる
  1. 人とは違う/DIESEL
  2. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスな…
  3. 世界一可愛いハイヒール!
  4. 自分スタイルを確立するmyショップ
  5. 雑誌のファストファッションブランドが必ず見つかる/スタイライフ
  6. 綺麗な人は何を着ても似合うはホント?
  7. 私のスタイリストはショップ店員!
  8. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人…
  9. ファスト・ファッションと大人コーデ
閉じる
閉じる
  1. 親子でお揃いのUGGはなんだかカワイイ!
  2. オシャレUGG!2014秋冬ブーティーは UGGスカーレット
  3. セレブ愛用「パナマハット」とは
  4. ニキビ跡への強いコンプレックスと憎しみですべてが上手くいかない女性へ
  5. NY発のオトナブランド「theory/セオリー」
  6. コムサカフェのおいしいタルト♪でもちょっと…
  7. emu Australia STINGER LO(スティンガーロー) …
  8. This is ugg キャンペーン開催中!
  9. theory/ボタンの無いトレンチコート マッキントッシュアシュリング…
  10. スティーブジョブスとティムクックのファッション
閉じる

UGG−GIRL

FOREVER 21 Japan

ミューズ世代とは・・・

ミューズ世代とは「アラフォー世代」の事らしいのですが・・・

雑誌SWEETの編集長がSWEET世代の年齢に合わせて創刊した雑誌「大人ミューズ」で話題に。
20140326223855

数あるファッション雑誌が廃刊、休刊している中、絶大な人気で1位をキープしてるSWEET編集長によってミューズ世代向け雑誌として創刊されました。

サブキャッチは「35歳未満立ち入り禁止」

「一生女の子宣言」したSWEET読者も今ではミューズ世代に。

もちろん「SWEET」「大人ミューズ」ともに私も愛読させてもらってます。

 

そんなミューズ達のファッションの悩みや思いっきりファッションを楽しむための雑誌が大人ミューズですね。

このサイトのテーマでもある「定番コーデを着こなしてこそのトレンドコーデ」が多く取り上げられ、子供過ぎないファッションを着こなすのがミューズ世代という事ですね。

ミューズ世代のファッションとは、流行のみを追いかける「おこちゃま」ではない、一歩先のオンナ。そんな大人の女性になりたいといったようなお手本でいられる女性をミューズと呼ぶにふさわしいのではないでしょうか?

昨今では結婚しない女性が多く、自分に投資するお金と時間が自由な女性も増えてきています。

そんな貴女達がSWEET世代の頃に培ったファッション経験値をミューズで活かすというのが本当のミューズファッションになりつつありますね。

また、既婚女性が自己の投資をできないけど、ファッションを楽しみたい!いつまでも美しくいたい!といった欲望を叶えてくれる雑誌でもあります。

ネットショップでいえばスタイライフのように、「1万円で気分を上げるコーディネート」など、ミューズ世代向けショップサイトも多数存在します。

 

ミューズ世代の本当の意味とは

ミューズ世代の本当の意味は単にアラフォー世代の事を指すのではなく、「オトナのオンナ」を指すのではないでしょうか?

美しい女性とはいつまでも美しいもの。しかし、それは重力や経年といった「強敵」と真っ向から戦って勝利している女性だけが得られるモノ。

オトナのオンナとは言い訳をせず、美に対する意識の高い女性の事なのでしょう。

日本では少し悲しいお話ですが、ある程度の年齢になっての美意識は「浮いてしまう」という傾向があります。

例えば、子供のピアノの発表会のような場ではキレイなママは評価されますが、子ども会に出席したママが少し派手なネイルをしていると「あんな派手な格好して」となってしまいます。

非常に残念な風習ですよね。

女性がいつまでも美しくいて何が悪いのか?例えそれが主婦でも良いのではないでしょうか?

それ相応の努力をしているわけですから。

しかし大人ミューズのような雑誌が創刊され、またsweet世代が大人になり、こういった意識も少しづつ変わってきている事も事実としてあります。

ファッションに携わる仕事をしていると、やはり女性にはいつまでも美しくいて欲しい、年齢や容姿は関係ない。

美に対する意識が高いほうがすべてにおいて良い結果が出る!そう信じたいですね。

ミューズの本当の意味とは「いつまでも美意識の高いオシャレなオトナのオンナ」なのではないでしょうか。

 

おすすめ記事

  1. なぜキャリア層やセレブが持つクレジットカードはアメリカンエキスプレスなのか?
  2. ネクタイをプレゼントする時に抑えておきたい「ネクタイの起源」/大切な人への想いが込められていた
  3. 私のスタイリストはショップ店員!
  4. 世界一可愛いハイヒール!
  5. ファスト・ファッションと大人コーデ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. ニキビ跡への強いコンプレックスと憎しみですべてが上手くいかない女性へ
  2. フラットシューズに最適!かっこいい靴ひもの結び方!
  3. 海外の有機認証を受けた本当のオーガニックコスメブランド厳選4ブランド

おすすめ記事

  1. シャツを着ただけで美人になれる鉄板着こなし術
  2. 自分スタイルを確立するmyショップ
  3. UGGバイカースタイル
ページ上部へ戻る